術後ケアについて

包茎クリニック比較Navi

術後ケアについて

包茎手術というものは、外科手術の中でもかなり短時間で終了する手術です。
あっけなさすら感じる人も多い手術なのです。
しかし、包茎治療というものは、包茎手術が終わったから全てが終了するわけではありません。
術後のケアがとても重要になります。
むしろこちらが本番とも言えるでしょう。

術後のケアで重要になるのは、とにかく患部をいたわることです。
基本的に、手術を受けたその日は入浴することはできません。
細菌に感染する可能性があります。
さらに数日間は、性行為はもちろん、自慰行為も厳禁です。
勃起することだけでも、縫合部分から血がにじむことがあります。
寝起きに勃起してしまう、いわゆる朝だちは自然現象ですので仕方がないですが、それ以外の場面では勃起しないように気を付けましょう。
アイドルが出演するテレビ番組を見たり、街で色っぽい女性に視線が行ってしまったり、そういった些細なことにも注意が必要です。

そして経過を見守ることがとても大切になります。
ある程度時間が経過すれば、性行為や自慰行為も可能となります。
しかし、勃起時に痛みを感じたり、陰茎が腫れてしまったり、そういった異常を感じたら、即座に手術を受けた病院に相談しましょう。
場合によっては再手術が必要となることもあります。

美容外科、自由診療専門の泌尿器科などで手術を受ける際には、こういったアフターサポートも対応してくれるのかよく確認しておきましょう。
大手の自由診療クリニックであれば無料であることが普通ですが、契約内容次第ではお金がかかるクリニックもあります。
手術を受ける前に契約書をよく確認しておく必要があるでしょう。

包茎クリニック比較Navi新着情報