包茎手術の費用について

包茎クリニック比較Navi

包茎手術の費用について

包茎手術の費用は、ハッキリ言ってピンキリです。
安い場合は1万円~3万円程度で済みますが、高い場合は50万、60万円、とかかることがあります。
100万円を超えるケースも珍しくなく、国民生活センターでは200万円にも上る費用が発生したケースも公表しているのです。

どうして包茎手術はこれほどまでに価格帯に開きがあるのでしょうか?
その答えは、本当に包茎なのか否か、健康保険が適用されるか否かです。
本来、包茎手術というものはそこまで高額の費用を必要とする手術ではありません。
そもそも包茎とは「包皮を正常にむくことができない状態」を指す言葉です。
つまり、いわゆる真性包茎やカントン包茎の状態を指します。
通常時に包皮で亀頭が覆われていても、それはペニスとして至って正常な状態です。
つまり仮性包茎は包茎ではないのです。

ちなみに真性包茎、仮性包茎という言葉は正式な医学用語ではなく、日本国内でのみ通用する俗語です。
海外では正常な状態である仮性包茎のペニスに、特別な呼称は付けられていないことが一般的です。
最近では割礼の習慣も減ってきたので「ナチュラルペニス」と呼ばれることはあります。

真性包茎、カントン包茎の場合は医学的にも包茎であり、日常生活にも支障が出てしまいます。
泌尿器科に相談することで健康保険適用の手術を受けることが可能となるのです。
この場合の費用は高くて3万円程度でしょう。
しかし炎症を起こしている場合など特別なケースを除けば、仮性包茎の人が健康上の都合で包皮を除去する必要性はありません。
当然、健康保険は適用されない自由診療になりますので、費用は高額になってしまうのです。

包茎クリニック比較Navi新着情報